ガガミラノ 時計 レディース 激安通販のオンライン公式サイトです

ガガミラノ 時計

中世ヨーロッパの人々は、教会の鐘の音で時間を知ることができました。966年、ローマ教皇シルウェステル2世(Sylvester II, Gerbert)が修道僧の時に、祈りの時間を村の人に知らせるため、教会の鐘楼に自動的に鐘を鳴らす機械を設置しました。これが、機械式時計の起源と思われます。その後、イタリアの都市に鐘を鳴らす機械が教会や修道院、大聖堂の高い塔の上に備え付けられるようになり、文字盤を備えた時計も現れました。このため、英語の「clock」は、ラテン語の「cloccal(鐘)」に由来しているのです。13世紀には、ロンドンのウエストミンスター寺院やセントポール寺院に塔時計が設置されたといわれています。残念ながらその後の焼失や建て建て替え等で現物は残っていません。現存する最も古い時計は、1344年、ヤコボ・ドンディ(Jacopo de Dondi)がパドヴァの大聖堂に設置した天文時計です。その息子ジョバンニ(Geovanni)が1364年に記した室内天文時計「アストラリオ」の設計図は、世界初の時計に関する学術書といえます。これをもとに復元された時計は、ロンドンの科学博物館、ミラノのレオナルド・ダ・ヴィンチ国立科学技術博物館、ワシントンDCのスミソニアン博物館、そしてIBM社が所有しています。1370年、フランス国王シャルル5世がパリの高等法院に設置させた時計はとても有名で、1時間おきと15分おきに鐘を鳴らし市民に時刻を知らせました。ドイツ人のアンリ・ド・ヴィック(Henri de Vic)が製作したもので、現在でもパリに保管されています。この頃の時計は、フランスのストラスブール(1354年)、チェコのプラハ(1410年)にも現存しています。当時の時計はとても巨大で、本体だけで数メートル、重さは300Kg以上もありました。重りが下がる力で歯車を回転させる仕組みで、動力の重錘は数日おきに巻き上げられました。同じリズムで振れる棒テンプ(フォリオット)の回転軸(バージ)の2つの爪が、冠型の歯車の歯に交互に当たることで、一定の速度で時を刻むことができます。冠型脱進機あるいはバージ脱進機ともいわれるこの仕組みは、数百年後の19世紀の懐中時計やからくり人形にも見ることができます。